訪日外国人旅行者向け体験教室

Inbound-インバウンド

①味噌とは?

味噌は、大豆と米、麦などの穀物を蒸して麹菌を付けたと塩を加えて発酵させて作る発酵食品で、日本の伝統食品の一つです。お味噌汁はもちろん、調味料として様々な料理に使われています。

②糀とは?

糀は、穀物類(米・麦・大豆など)を蒸し、麹菌を付け、室温30度以上・湿度100%近くの部屋で麹菌の繁殖を促し、作ります。使われている糀菌は日本の国菌に指定されています。酵素類・ビタミンB群が豊富に含まれています。日本の調味料(味噌・醤油・日本酒・みりん等)の土台になる食材です。

③味噌の歴史

古墳時代にも現在の味噌の原型のようなものが使われており、中世には寺院や貴族階級に珍重されるほど贅沢品・貴重な食品でした。江戸時代には庶民の食生活に味噌が浸透し、健康効果も知られるようになり「医者殺し」「医者に金を払うよりみそ屋に払え」などのことわざも沢山残されています。

④栄養成分

味噌の主原料は大豆と糀です。大豆は畑のお肉と呼ばれるように良質なたんぱく質を多く含む食品です。糀は生成過程で酵素・ビタミン類が産み出され、味噌の熟成発酵過程で栄養的にはさらに優れた食品になります。

⑤代表的な味噌の効用は以下のようです。

*味噌はがんのリスクを下げます
*生活習慣病のリスクを下げる
*抗酸化作用・血圧降下作用が期待される

雨風の味噌作り

①雨風の歴史

創業は元緑二年(1689年)。創業当時は旧市内・少林寺町で営業。現在は堺市西区津久野町で営業を続ける。工場前にアンテナショップを併設。
現在は「糀で元気に!糀で綺麗に!」をテーマに活動。糀作りは杉室などを使い、昔ながらの手作りにこだわる。
糀カフェビオトポスでは当社の調味料を使い、ランチを中心に女性客で賑わう。
味噌教室は材料に拘り(米 特別栽培米(低農薬米) 大豆 北海道産鶴娘 塩 赤穂塩)、昔ながらの手法で味噌を作り、年間を通して開催されている。
堺商工会議所会員・堺技衆に認定されている。

②味噌教室

材料はすべて日本産
 *大豆 北海道産 鶴娘
 *米  特別栽培米(低農薬米)
 *塩  赤穂塩

体験教室の工程

① 雨風ショップに集合

「雨風」へようこそ!仲良しグループで集合した後は担当講師が丁寧に案内します。

②材料を混ぜ合わせます

大豆を袋の中で潰します。糀と塩を混ぜ合わせ潰した大豆を一緒に捏ね合わせます。

③みそ玉を作ります

空気を抜きながらみそ玉を作ります。お友達とワイワイ話しながらの楽しい時間です。

④お持ち帰りの容器に詰めます

みそ玉を詰め込み、空気が入らないように押し込みます。最後に容器の淵に沿って少量の塩を置きます。ラップをかけて出来上がりです。。

⑤教室の前後は、糀カフェBiotoposでランチ

教室の前後には併設の「糀カフェBiotopos」でランチはいかがでしょう。 みそ教室ご予約の際にぜひ同時予約してください。

⑥雨風工場内で発酵製品手作り体験

麹作り・醤油作り・どぶろく作り・塩糀・甘酒作り 仕込みの関係で内容はその時によって変ります。

⑦教室が終われば現地で解散

雨風ショップにて生甘酒や生どぶろくは如何ですか

熟成期間中にご質問等あれば、お気軽に連絡下さい。
皆様のご連絡をお待ちしております

体験教室料金

¥10,000円 (税込 10,800円)

・開始時間 10:00 ・終了時間 11:30 ・持ち物 必要無し ・内容  味噌作り体験 1・5キロ 味噌を詰めて持ち帰り

 

・雨風の製品を使った食事 ・1時間程度

 

・麹作り・醤油作り・どぶろく作り・塩糀・甘酒作り 仕込みの関係で内容はその時によって変ります ・30分程度

 

糀屋雨風周辺【堺市西区】観光スポット

INSURED


 

堺観光ガイド
-さかいかんこうがいど-
sakaikankougaido

 
詳しくはこちら


 

踞尾八幡神社
-つくおはちまんじんじゃ-
tukuohatimanjinjya

 
詳しくはこちら


 

百舌鳥古墳群
-もずこふんぐん-
mozukohungun

 
詳しくはこちら